認知症疾患医療センターのご案内

認知症疾患医療センターのご案内

「その人らしい生活」を続けるために

当院は、平成27年9月1日付けで、東京都より地域連携型認知症疾患医療センターの指定をうけました。

「認知症疾患医療センター」の役割は、認知症の方が、できるだけ長く住み慣れた地域で、「その人らしい生活」を続けることを支援していくことと考えております。「その人らしい生活」を続けるには、早期診断、早期治療、そして早期に必要な介護サービスの導入を行うことが大切です。
そのためには地域連携が非常に重要と考えています。かかりつけ医の先生方を含めた、多職種との連携などをしっかりと構築していきたいと考えております。

認知症かもしれないと思ったら、まずはかかりつけ医に相談して当院へご紹介して頂き、検査をすることをお勧めします。
また、身近にもの忘れが心配な方がいらしたら、ぜひ受診を勧めてください。

「まだ大丈夫」なうちに受診していただくことが、「その人らしい生活」を続けるためには必要なことと考えております。
少しでも地域の皆様のお役に立てるようスタッフ一同日々精進していく所存です。

認知症疾患医療センター センター長 小松 弘幸