内視鏡・ME室

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは太さ1cmに満たない程の細長い管の先端に小型カメラ(CCD)を内蔵した電子スコープと呼ばれるものを、口・鼻孔あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。

上部消化管内視鏡検査について

一般的に従来より、胃カメラ・ファイバースコープと呼ばれていたもので、食道・胃・十二指腸を観察するため、口あるいは鼻孔から内視鏡を挿入し、これらの部位を一連の検査で観察します。時には組織の一部を取り細胞検査(病理検査)もします。
咽頭反射が強く吐き気が強い方などは、ご相談いただければ、身体的に可能であれば鎮静剤(麻酔薬)を使用し検査することが、可能です。また、認知症などで、検査中の体動で危険が予想される方も、必要なら鎮静剤を使用して検査を行います。

下部内視鏡検査について

便をすべて洗い流す前処置をした後、肛門から専用の内視鏡を挿入して、大腸(直腸・結腸)と小腸と大腸の接続部前後を観察します。上部内視鏡検査と同様に、組織の一部を取り細胞検査(病理検査)もします。検査中に観察しやすくするため、空気を送り込みますが、そのためお腹が張って苦しいことがあります。当院では、空気のかわりに二酸化炭素(炭酸ガス)を使用し少しでも苦しさを軽減するようにしています。

当院で可能な胃内視鏡処置・治療について

  • 上部・下部消化管内視鏡的ポリープ切除術
  • 内視鏡的止血術
  • 異物除去術