放射線科

放射線科とは?

当病院放射線科には、一般用X線発生装置、X線テレビのほか、MRI(磁場と電波を使って体の中を見る画像診断装置)、マルチスライスCT(脳血管・脳血流・血管CTなどが短時間で行える装置)を装備し、放射線科の専門医が読影を行い内科医、精神科医のサポートを果たしています。

検査機器について

MRI装置

当院では、最新の高磁場1.5テスラのMRIシステムを導入しています。このMRIシステムは最新のアプリケーション(VSRAD、MRA、ASL)が使えるとともに、患者さまにやさしいMRIシステムとなっております。

MRIとは?

磁気共鳴画像診断装置の略です。
X線を使わずに、磁石と電波を使って水素原子の状態をコンピュータで画像化する検査です。体内の様々な病気を発見することができますが、特に脳や脊椎、血管等に発生した病変に対して高い検査能力があります。
身体にX線を照射するCT検査と違い放射線被爆はありません。

検査を受けるにあたっての注意事項

  • 検査時間は検査室に入ってから出るまで概ね20分~30分です。(検査部位・条件により異なります)
  • 検査中は出来るだけ体を動かさないでください
  • 検査中に気分不快などの異常を感じた場合には、ためらわずに連絡ブザーを押してお知らせください。
  • 検査中は工事現場のような様々な機械音がします。

次のような方はMRI検査を受けられないことがあります。事前に主治医や放射線技師にご確認してください。

  • 手術により金属等が体内にある(ペースメーカー・人工内耳・血管ステント・動脈クリップ・人工骨頭・歯科インプラント等)*金属の種類によって一部対応可能な物もあります。
  • 高度の閉所恐怖症
  • 刺青、マグネット付きの義歯
  • 妊娠または、妊娠の可能性がある

CT装置

0.6秒のスキャンスピード、16列マルチスライスCTです。
侵襲性の少ない術式で(患者さまの被爆の低減)より快適かつ短時間で検査を行うことができます。

CTとは?

コンピュータ断層撮影法の略です。

身体にX線を照射し、通過したX線の差をデータとして集め、コンピュータで処理することによって身体の内部を画像化する検査です。
X線は肺などのように空気が多いところは通過しやすく骨は通過しにくいので、その性質を利用し画像にしています。

検査を受けるにあたっての注意事項

  • 妊娠しているまたは妊娠の可能性がある方は事前にお申し出ください
  • 金属類(ヘアピン、補聴器、ネックレス、フック)などは検査を行う部位により外していただくことがあります。