9月24日(木)、当院会議室にて「第15回家族交流会」を開催し、通所リハビリテーション利用者さまのご家族5名の方にご参加いただきました。

 

前半は『町田市の認知症ケアパスについて』というテーマで院内にある居宅介護支援事業所のケアマネージャー斎藤 秀和所長による講義を行い、後半は質疑応答や自由な話し合いの時間としました。

ご家族のみなさんは熱心にメモをとって講義に聞き入り、これまでの苦労や現状を涙や笑顔を交えて語り合いました。通所リハビリテーションの松本 美榮子看護師長から、「介護は365日24時間で終わりの見えないマラソンだからこそ、インターバルを」との言葉に参加者の方が深く頷いていらっしゃったことが印象的でした。

今回は5名中4名が初参加であり、ご家族同士の新たな出会いの場にもなりました。

5年目を迎える家族交流会ですが、今後も参加される方々の力になれるよう取り組んでいきたいと思います。

次回の開催は12月に予定しています。家族交流会2