3月25日(金)、鶴川いちょう会館にて、第15回目となる市民公開講座を開催し、地域住民71名の方に 参加していただきました。今回は心理室 植田 裕吾 臨床心理士より、『老年期のこころとケア』というタイトルで講演を行いました。前半では、臨床心理学から見た老年期の発達や、老年期における病気の知識や「誤解」について解説し、後半では、地名クイズや体操をおこなうなど参加者とコミュニケーションをとりながらの講演で、会場からは笑いがおきる場面も多く和やかな雰囲気の講座となりました。参加者からはテンポが良く分かりやすかったという意見が多く聞くことができました。

2カ月に1度開催している市民公開講座だが、会場の改修工事のためしばらく休止となります。その間は、地域からの要請で随時出張講座を行っていく予定です。公開講座20160325-01(鶴川)公開講座20160325-02(鶴川)