5月14日(土)、小田急線鶴川駅近くの「和光大学ポプリホール鶴川」にて、5月12日の『看護の日』と『看護週間』にちなみ看護フェスタを開催し約140名の方に参加して頂きました。

1階の交流スペースでは、看護師による血圧測定やBLS(一次救命処置)体験、管理栄養士による栄養相談や健康補助食品の紹介などをおこないました。

また、3階の別室では、鶴川第1・2高齢者支援センターの協力で、認知症ケア町田ネット(家族会)から世話人の小林 孝彰氏を講師を招き「認知症サポーター養成講座」を開催し17名の方が参加しました。

『看護の日』の根底にある「看護の心、ケアの心、助け合いの心」を分かち合うきっかけとなるよう、来年以降も引き続き地域の協力を得て開催していきたいと思います。

今年参加できなかった方は来年は是非参加してみて下さい!!

IMG_4232 IMG_4371