9月14日(水)、小田急線鶴川駅からほど近い「和光大学ポプリホール鶴川」のホールにて、認知症をテーマにした映画『アリスのままで』の上映会が催され、上映後に当院の精神科 髙橋先生の講演がおこなわれました。

町田市鶴川では「グローイングアップ映画祭~鶴川ショートムービーコンテスト」というイベントが昨年から始まりました。このイベントの一環として月に1度行われている「月イチ映画上映会」では、エンターテインメントとしての映画・動画を見たうえで、そのテーマについてより理解を深めるため、専門分野の方に詳しい話をしてもらう、という催しをおこなっています。

今回の映画『アリスのままで』は、若年性認知症をテーマに認知症本人と家族との葛藤を描いた作品です。

その後おこなわれた髙橋先生による講演会「認知症について」には、平日の夕方という忙しい時間にもかかわらず、先生の詳しい解説に耳を傾けていました。img_6059