8月31日(金)、院内にて「認知症疾患医療センターの取り組みについて」と題した職員向け勉強会を開催しました。

認知症疾患医療センターの運営は、医師、看護師、コメディカル、事務と多職種が関わっているものの、関わりのない多くの職員からは実際に「センター」が何をしているのかよくわからないという声が多く聞かれるため、理解を深めてもらう目的で勉強会を開催しました。

精神科医で副センター長でもある奥村武則医師からの講義では、新オレンジプランの解説からはじまり、センター設置の目的、求められる役割といった基本情報のほか、特に当院が積極的に進めている町田市との連携事業について紹介をおこないました。

また、看護師で認知症ケア専門士の丹羽真由美主任からは月1で開催している認知症カフェに参加した感想などをお話ししました。