9月18日(火)、町田市の民生委員協議会(以下、民協)高齢福祉部会の全体研修が町田市民フォーラムで開催され、当院医療相談室の精神保健福祉士で、町田市の認知症地域支援推進員でもある村山秀人主任が講師として招かれました。

今研修会は、「認知症と地域の連携」をテーマにパネルディスカッション形式で行われ、日頃地域の高齢者の見守り活動を担っている民生委員180名が参加しました。

会では、村山主任の他、町田市の高齢者福祉課職員、地域包括のケアマネージャー、認知症カフェの支援をしているコーヒーショップの店長の4名がパネラー務め、市のいきいき生活部の部長を司会に据えて、地域の様々な相談先、フォーマル・インフォーマルなサービスの紹介、地域の連携や見守り活動に期待する事など、活発な意見交換が行われ、充実した研修会となりました。