11月17日(土)、町田市役所にて『認知症ライフサポート研修』を開催しました。

当院は、認知症疾患医療センターとして地域の認知症医療の中心的立場にあることから、市からの委託を受け、『認知症ライフサポートモデル』に関する多職種ワークの研修会を年1回開催しています。

認知症ライフサポートモデルとは、「認知症の人への医療・介護を含む統合的な生活支援」を意味し、様々な専門職がケアを提供する上で、目標を共有し多職種協働や専門領域ごとの機能発揮を求めるものです。

研修の講師は当院の介護支援専門員の齋藤秀和、総合司会は同じく当院の精神保健福祉士の村山秀人が務めました。

参加者は、医師、歯科医師、看護師、介護職など専門職の他、今回は民生委員の方々も招き、知識習得はもちろん、関係づくりの場としても大変有意義な時間となりました。