認知症疾患医療センターのご案内

業務内容

地域連携型の認知症疾患医療センターが担う役割・業務について

町田市内の認知症医療・介護連携の推進役として、下記の役割・業務を担います。

  • 専門医療機関としての役割
  • 地域連携の推進機関としての役割
  • 人材育成機関としての役割

専門医療機関としての役割

専門医療相談(町田市認知症電話相談)

専門の相談員(精神保健福祉士)が、ご本人やご家族、保健医療・介護関係者からの認知症に関する相談に対応します。

鑑別診断と初期対応

専門の医師による鑑別診断を行い、医療・介護・生活支援等の必要な支援に結びつけます。また、かかりつけの医師と連携を図り、鑑別診断後の経過観察において必要な支援を行います。

身体合併症や行動・心理症状への対応

精神科・老年精神科と内科・老年内科を併設し、認知症の専門治療と老年内科疾患を同時に治療することができる体制を整え対応します。

地域連携の推進機関としての役割

地域連携の推進

かかりつけ医等の地域の医療機関、高齢者支援センター等の関係機関とのネットワークづくりを推進し連携の強化を図ります。

人材育成機関としての役割

研修への協力・情報発信

関係機関が実施する研修への協力やホームページなどにより認知症に関する情報を提供します。